2014年05月08日

心で書く文字

 5月2日(金)市内の仮設住宅集会所2か所(かみきた、おおぶくろ)で復興応援「文字のチカラSHOプロジェクト」「筆で自由に文字を書こう〜思いや気持ちを筆に託して〜」が開催されました。

 このイベントの企画者 デザイン書道家 久木田ヒロノブさんの過去の作品をみてびっくり!!
以前友人からいただいた年賀状のデザインが久木田さんの作品でした。

習字というとつい、小学生時代に習っていた書道教室のイメージがあって「難しい」「堅苦しい」印象がありましたが、今回のイベントは筆の使い方を教えてもらったら筆文字を自由に自分のイメージで表現するというものでした。
おいしそうなイメージを生かした「うどん」「そうめん」という文字。
コンビニで売っている「のり」と一流デパートで売られている「のり」のパッケージに書かれた文字の表現の違いなど身近な題材からはじまって 最後は自分の好きな言葉を色紙に記しました。

はじめはなかなか筆を取ろうしなかった方も、最後には夢中で作品制作に取り組んでいました。
「今日はこのイベントに参加してよかった! いつまでも仮設に住んでいるわけにはいかないからもうちょっと元気にがんばろうと思えたよ!!」
(先生の気持ちのこもった書を見て)「書は心で書くんだね」
という参加した方々の言葉が印象的でした。
久木田先生と奥様、素敵なひとときをありがとうございました。
「社協だより」の題字までプレゼントしていただき、ホントにうれしかったです!!
IMG_7057.JPG
posted by su-shakyo at 09:41| ボランティアセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

総合防災訓練 打ち合わせ

 平成26年8月31日(日曜日)福島県総合防災訓練が須賀川市で開催されます。
22日に第一回関係機関会議があり、社協からは2名が出席しました。
 以前も県レベルの防災訓練が須賀川市で開催されたことはありますが、今回の訓練は東日本大震災を経験してより実践に近いものになっています。
 本会では災害ボランティアセンター設置訓練を担当します。
一緒に会議に参加していた団体さんから昨年の訓練の反省を生かすための提案もありました。
 このような大がかりな訓練は、県社協さんをはじめ他団体の方とも連携することが出来るのでとっても勉強になります。本会としても東日本大震災の反省をふまえてスムーズなコーディネートが行えるよう多くの事を学びたいと思います。
posted by su-shakyo at 09:43| ボランティアセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

音訳サークルと視覚障がい者の懇談会 開催

4月18日(金)広報のCD版を作成している「音訳サークルかわせみ」とそれを利用している視覚障がい者の懇談会がありました。
「表紙を読んでくれる方の声にドキドキしてきいてます!」などどいう発言もあり、終始なごやかな雰囲気の中で親睦を深めることができました。
このような親睦会はこれまでも時々開催していましたが、CDを利用している方が直接ボランティアに会うことで彼らの熱意が伝わり利用者の拡大に繋がったことがありました。

今回CDを作成している方から「いままで正しく読むことに必死でそれを聞いてくれる方々を思い浮かべることがなかったのですが・・これからは聞いてくれる皆さんのお顔を思い出しながら活動します」という言葉がきけてとてもうれしく思いました。

活動することで見えてくることがたくさんありますね。
posted by su-shakyo at 12:04| ボランティアセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする